映画「万引き家族」が叩かれている

一見、反道徳的に見えるものの中に本質的な良心や善性が宿る事がある。第71回カンヌ国際映画祭で是枝裕和監督の映画「万引き家族」が最高賞を受賞した。日本人の受賞者は21年ぶりで、これまでわずか3人しかいなかったそうだ。

もっぱらエンターテイメント寄りの作品ばかり観る僕には疎いジャンルだが、確かにこの映画のあらすじにはかなりの興味を惹かれた。なんでも既に死んだ親の年金の不正受給と万引きを糧に生活する家族の話らしい。

家族は作中で迷子の子供を拾って育てようとするも、それがきっかけで様々な問題が表面化していく。つまり登場人物は無垢な善人でもなければ徹底した悪人でもなく、英雄でもなければ清貧でもない。… 続きを読む