ページをめくり続ける

昨日、インターネット上の友人らとの会話で人間関係の不和が話題にあがった。そのうちの一人曰く大学の学友に幼稚な振る舞いをする人たちが多く、付き合いがたいとの話だった。なんでも未成年の身分で飲酒行為を婉曲的に称揚したり、単純に雑談の中で品性に欠ける様子がたびたび見られたらしい。

僕はその会話にはあまり積極的には加わらずほとんど黙って聞いていた。成人にも満たない子供のする事にいちいち注文などつける気にはならない。学生時代の知人に大麻を栽培して捕まった人がいるが、あれでさえ大して驚きはしなかった。少々の飲酒や猥談で済むのならまさしく児戯に等しい。

それ以降も各々の人間関係にまつわる会話が交わされ、最終的に自身に害をもたらすかもしれない人間とは極力付き合うべきではないとの結論に達した。確かに常識的な見解だ。合理性や利益を考えたら至極まっとうな意見に感じられる。… 続きを読む

ゴア表現今昔

ゴア表現の精細性は視覚文化の発達に伴ってますます進歩している。激しく殴打されれば身体が歪み、刺されれば夥しく流血する。人々はたとえ現実で体験した事がなくてもそこに現実感を見出してきた。たとえ仮想の出来事であっても。

自らが介入して自在に刺激を加えられる視覚文化ーすなわちゲームが登場して以来、この「現実感」はさらに重要性を帯びはじめた。当初は数色のドッドで構成された敵が光って消える程度の演出に過ぎなかったが、点や線の集合がやがて具体的なモチーフを形どるまでにそう時間はかからなかった。

90年代に入るとゴア表現はいよいよある核心に到達する。立体的なフィールドを歩き回って写実的な銃でもって人を殺せるようになったのだ。これまでは想像力を働かせなければとても人間や銃に見えなかったグラフィックが、この頃にははっきりとそう認識できる水準に達していた。… 続きを読む

注目ゲーム四選

E3で次々と期待できそうなゲームが発表されている。ゲーマー界隈ではややこしい話や演出を気だるいものと見る向きも少なくないが、個人的にはそのややこしい話が大好きでたまらない。なんならもっと厄介で呻吟するような話を作ってほしい。難儀であればあるほど深く没入できる。

We Happy
続きを読む

戦前前世

歌や音楽で組織の一体感を図る試みは、なにも近代に始まったわけではない。僕たち人類の祖先があなぐらで暮らす時代から既に実践されていた。それは儀式の一環としてではあったが、組織力を維持するために決して欠かせない行事だった。

時代が進むと次第に愛情や悲哀など他の感情も取り入れられるようになり、共通認識を得るための行事から芸術性を伴った娯楽文化に昇華していく。人々は若葉の生え際に無垢な精神を見出し、秋の紅葉を拾って熟れた恋心を連想するに至る。

戦場ではどの国でも太鼓や笛で勇ましい律動と音を響かせ、戦士たちの意欲を高揚させる。不幸にも友が死した時は荘厳な節奏とともに悲しみに浸る。どんな時でも音楽は僕たちの感情に染み入り、震わせ、なんらかの感情を引き出してきた。… 続きを読む